基本を知って対策しよう!面接の質問豆知識!|Job In Office

面接が不安

転職や就職の際に必ずと言っていいほど行われるのが面接です。苦手意識があるという人も少なくないのではないでしょうか?そんな方に向けて面接の豆知識を紹介しますのでご覧ください。

面接でよく聞かれる質問ランキング!

no.1

志望動機について

聞かれないことがない質問ですので、ランキングにする必要がないほどですが、逆に言えば志望動機をしっかり答えられればかなり好印象になるということです。しっかり準備して臨みましょう。

no.2

学生時代に打ち込んだこと

就職面接でよく聞かれる質問の一つです。新卒採用の場合、前職等での実績がない分、それまでの人生をどう歩んできてそれをどう捉えているかが試される質問です。

no.3

自己PR

自己PRは日本人が苦手としている分野ですが、よく聞かれる質問としてランクインしています。みんなが苦手ということは上手くできれば他の応募者を一歩リードできるかも!?

聞いてはいけないこと

面接

面接の質問で聞いてはいけないことがたくさんあります。面接に関係ないことやプライバシーに関することはタブーです。採用する側は本籍地や家族に関することは聞いてはいけないとされています。個人情報を集めることも禁止されています。思想や信教などもタブーの質問です。採用する側も配慮しておかなくてはならないことが増えています。質問はあくまで仕事に関するものに限定されています。事前に質問項目を作成して問題がないかをチェックしておくことも必要です。事前にチェックしておけばトラブルや問題になるのを避けることが出来ます。面接は個人のプライバシーに介入しないということが大前提です。そうした理由から様々な配慮をしながら面接をしていくことが求められています。

法律に触れない

女性

面接の質問は法律に触れないということが大事です。プライバシーに関することは個人情報保護法に触れる可能性があります。セクハラやパワハラにあたる質問などもあります。面接で質問をする場合は、問題がないかを確認することが重要です。現在ではルールが厳格化されています。特に労働関係の法律は厳しくなっています。どんなことが問題になっているのかを把握することはリスク管理として重要です。企業であれば、特にこうした点が求められています。

基礎知識を知る

履歴書

面接でタブーな質問に関しては基礎的な知識を知っておくことが大事です。基礎知識があれば、大きなトラブルを回避することが出来ます。プライベートの部分を質問することで問題化することがあります。関係ない質問は省くということが重要です。世間話でも個人に関することや家族関係はタブーとなっています。資格を持っている、どんな仕事をしていきたいかなどは面接で質問しても大丈夫なラインです。仕事に関することは基本的にセーフなので、仕事に関するというラインを守ることが重要となります。

広告募集中